‘365日のヘルシーカレンダー’ カテゴリ

レシピ

みかんの混ぜ寿司

高血圧や糖尿病予防に有効
みかんの絞り汁で酢飯を作り、具にみかんの果肉を加えたビタミンCが豊富な混ぜ寿司です。鶏ひき肉で良質なたんぱく質を補い、栄養価を高めます。みかんの果肉や汁には胃腸の働きを高める作用があり、高血圧や糖尿病の予防にも有効に働きます。

食材 (2人分)
みかん 1と1/2個
鶏肉(鶏ひき肉) 50g
青じそ 2枚
A しょうゆ 小さじ1
 砂糖 小さじ1
米 1カップ
みかんの絞り汁 1/2個分

作り方
① 米はよく洗い、分量の水に浸け、炊く。炊き上がったらみかんの絞り汁を振り、酢飯を作る。
② フライパンに油少々(分量外)をひき、鶏ひき肉を入れて弱火で炒め、Aで味を付ける。
③ みかんは果肉を取り出す。
④ 青じそは細切りにする。
⑤ ①の酢飯に鶏ひき肉、みかん、青じそを加えてサックリ混ぜる。

キスは江戸前の魚

★白身でクセのないキスは心にも肌にもよい★

「海のアユ」とも呼ばれるキスは、白身でクセのない魚です。
良質なたんぱく質を持ち、脂質は少ないためダイエット食としても好まれています。豊富なカルシウムが精神安定に働くため、肌荒れを予防し美肌効果も期待できます。
昨今、輸入物も増えてきましたがキスは江戸前の代表的な白身魚。この時期ならではの海の幸を堪能しましょう。

梅雨とカビ毒

★表面のカビを取っても、カビ毒は生きている★

梅雨時は、カビのもっとも繁殖力の強い時期です。
カビは食品に発生すると、そこでカビ毒という有害な物質を増殖させていき、現在、約300種類のカビ毒が確認されています。
カビ毒は表面のカビを取っても食品の中に残り、加熱しても分解されずに体内に入るので、カビの生えたものは食べないようにしましょう。