‘毎日のスリーフーズクッキング’ カテゴリ

鶏肉とほうれん草で冷え性改善
鶏モモ肉とほうれん草のトマト煮

2013 11 06鶏モモ肉とほうれん草のトマト煮
良質なたんぱく質を持ち、消化のよい鶏肉は、昔から滋養食として食べられていた食材です。脂質は不飽和脂肪酸が多く、生活習慣病を心配することなく食べることができます。ビタミンAが豊富でお腹を温める作用を持っており、鉄・葉酸・マンガンなどの増血作用を持つほうれん草と食べ合わせると、冷え性改善に有効に働きます。にんにくやトマトで抗酸化力を高めます。

<材料>(2人分)
鶏肉(モモ肉 皮なし)……180g
ほうれん草……3株
玉ねぎ……100g
にんにく……1片
スープ……1/2カップ
トマト(ホール缶)……200g
オリーブ油……大さじ1
塩、こしょう……各少々
<作り方>
①鶏肉はよく洗い、大き目の一口大に切る。
②ほうれん草はよく洗い、根を切り、ざく切りにする。
③玉ねぎとにんにくはみじん切りにする。
④鍋にオリーブ油を熱し、玉ねぎとにんにくを弱火で炒める。
⑤玉ねぎがしんなりしてきたら塩・こしょうを振り、鶏肉を加え中火で炒める。
⑥⑤にスープとトマト缶を入れ、中火で煮る。
⑦汁が半量になったらほうれん草を加えてひと煮立ちさせ、塩・こしょうで味を調える。

鶏肉・長いも・かぶは体を温める相性のよい食べ合わせ
鶏団子とかぶの煮物

2013 12 14鶏だんごとかぶの煮物

鶏肉・長いも・かぶは、昔から温熱性の食べ物として、体を温め冷えを予防するとして食べられてきた食材です。鶏肉と長いもは消化吸収に優れ、かぶは強力な抗がん抑制を持つグルコシノレートが含まれているため、鶏肉・長いも・かぶの食べ合わせは、胃腸を温め免疫力強化に有効に働きます。味噌のビタミンEが血行を高めます。

<材料>
鶏ひき肉……100g
長いも……30g
かぶ……2個
A  万能ねぎの小口切り…大さじ1
味噌…大さじ1/2
小麦粉…大さじ1
B  だし汁…カップ2
酒…50CC
砂糖…小さじ1
みりん…大さじ2
しょうゆ…大さじ1と1/2
<作り方>
①長いもは皮をむき、すりおろす。
②ボウルに鶏ひき肉、長いも、Aを入れ、手でよく混ぜ合わせる。
③かぶはよく洗い、4等分に切る。
④鍋にBとかぶを入れ火にかける。沸騰したら中火にし、かぶがやわらかくなるまで煮る。
⑤④に水で濡らしたスプーンで②を一口大ずつ落とし入れる。アクを取りながら2~3分煮る。
⑥器に盛り、煮汁を張る。

神迎えの朔日(かみむかえのついたち)

赤飯

11月1日は、神無月(10月)に出雲に出かけていた神様がそれぞれの神社に帰ってくるのをお迎えする「神迎えの日」です。この日には赤飯を炊いて食べる習慣があり、赤飯と一緒に神酒を供えて帰ってきた神様をお迎えします。神様は風にのって帰ってくるため、この頃は風が強く吹く日が多くなります。赤飯に入れる小豆は昔からハレの日に登場する食品で、体に溜まった疲れを取り去り、胃腸を健やかにする働きを持っています。赤い色は抗酸化力を持つと同時に、魔除けの意味合いも持っています。

お赤飯は炊飯器で手軽に炊くこともできます。その場合は①②の次に炊飯器に洗ったもち米と分量の小豆のゆで汁(炊飯器のおこわの目盛り)を入れてさっと混ぜ、小豆を加えて炊いてください。

 

赤飯 (撮影:中村太)
<材料>
もち米……3カップ
小豆……1/2カップ(80g)
A  黒ごま…大さじ2
塩…大さじ2/3
南天の葉(飾り用)
<作り方>
①小豆は水でさっと洗い、水3カップを入れて火にかけ、煮立ったら弱火で約20分、かためにゆでる。
②かためにゆでた小豆を、豆とゆで汁に分ける。
③もち米を洗い、小豆のゆで汁が冷めたら、その汁に浸けて一晩おく。小豆のゆで汁が足りなかったら水を足す。
④蒸す20分ほど前にもち米をザルに上げ、汁けをきる。小豆のゆで汁は取っておく。
⑤もち米と小豆を混ぜる。
⑥蒸し器に目の粗い布を敷き、⑤を入れる。この時中央部分を少し窪ませると熱が回りやすくなる。
⑦強火で10分蒸し、全体に小豆のゆで汁で打ち水する。
⑧さらに10分強火で蒸して打ち水をする。この作業をあと2回繰り返す。※蒸し器の湯が足りなくなったら、熱湯を足す。
⑨火を止め、5分蒸らす。
⑩熱い内に飯台にあけ、あおいで粗熱を取りながらさっくり混ぜ、ツヤを出す。
⑪器に盛り、塩黒ごまを振る。