Archive for 10月, 2010

レシピ
揚げさといものマリネ

揚げさといものマリネ

さといもとオリーブ油で関節痛を和らげる
さといものネバリに含まれるコンドロイチンを、抗酸化力の高いオレイン酸を含むオリーブ油に浸けて作るマリネは、肌の弾力を維持して関節痛を緩和する一品です。さといもの食物繊維がコレステロールを低下させ、たまねぎの硫化アリルが血液凝固を遅らせるため、糖尿病や動脈硬化などの予防にも有効です。

●材料(2人分)
さといも 4個(200g)
たまねぎ(中) 1/4個(50g)
パセリのみじん切り 大さじ1
A オリーブ油 大さじ2
  ワインビネガー 大さじ2
  黒こしょう 適量
揚げ油 適量

——————————————————————————–

●作り方
① Aを混ぜてマリネ液を作る。
② たまねぎは薄切りにし、マリネ液に浸ける。
③ さといもは皮をむき、5mm幅の輪切りにし、水気をよく拭き取る。
④ 揚げ油を熱し、さといもを素揚げして油をきり、熱い内にマリネ液に浸ける。
⑤ 器に盛り、パセリのみじん切りを散らす。

レシピ
イワシと豆腐の煮物

イワシと豆腐の煮物

イワシのEPAが血中コレステロールを低下させる
イワシは血流をよくする多価不飽和脂肪酸のEPA(エイコサペンタエン酸)を豊富に含んでいる青魚です。血中コレステロールを低下させる働きにも優れ、豆腐(マグネシウム)・にんじん(カリウム)・えのきだけ(食物繊維)と食べ合わせると、高血圧の予防に優れた働きを発揮します。しょうがを加えて、イワシの臭みを消し、脂肪の酸化を防ぎます。

●材料(2人分)
イワシ 2尾
豆腐 1/4丁
にんじん 20g
えのきだけ 30g
しょうが 1片
A 酒 大さじ1
  しょうゆ 大さじ1

——————————————————————————–

●作り方
① イワシは頭と内臓を取り、よく洗う。
② しょうがは薄切りにする。
③ にんじんは5mm厚さの短冊切りにする。
④ 豆腐はやっこに切る。
⑤ えのきだけは根元を取り、ほぐす。
⑥ 鍋にイワシを並べ(器に盛り付ける時に上になる面を下にする)、しょうがとにんじんを入れ、水2カップ(分量外)を加えて火にかける。
⑦ 煮え立ったらAを加えて弱火にし、落としぶたをして約10分コトコト煮る。イワシを静かに返し、さらに弱火で10分煮る。
⑧ ⑥に豆腐とえのきだけを加え、ひと煮させる。

レシピ
干しエビの茶巾揚げ
干しエビの茶巾揚げ

新しい軟骨生成が促進される
干しエビとしいたけは新しい軟骨生成を促進するグルコサミンを含んでいる食材です。干しエビには良質な不飽和脂肪酸が含まれており、くるみのビタミンEをプラスすることで脂質の酸化が予防され、関節炎の痛み緩和に働きます。

●材料(2人分)
干しエビ 大さじ2(10g)
青ねぎ 5g
しいたけ 1枚
くるみ 6g
春巻きの皮(小型) 2枚
揚げ油 適量
パセリ、酢醤油 各適量

——————————————————————————–

●作り方
① 干しエビはヒタヒタの湯に約15~20分浸けて戻し、粗く刻む。
② 青ねぎは粗く刻む。
③ しいたけは石づきと軸を取り、みじん切りにする。
④ くるみは粗いみじん切りにする。
⑤ 春巻きの皮を4つに切り、干しエビ、青ねぎ、しいたけ、くるみを乗せ、茶巾包みにする。口は水溶き小麦粉をつけてしっかり閉じる。
⑥ フライパンに揚げ油を熱し、⑤を色よく揚げる。
⑦ 器に盛り、パセリを飾り、酢醤油を添える。

レシピ
ウナギの落花生入り卯の花

ウナギの落花生入り卯の花

しょうがをプラスして体を温め、関節痛を緩和する
ウナギと落花生は、落花生のビタミンEがウナギの不飽和脂肪酸の酸化を防ぎ、関節痛の緩和に有効に働く食べ合わせです。血液循環をよくして体を温めるしょうがをプラスすることで、関節炎の痛み緩和を高めます。おからの食物繊維が腸内をキレイにし、三つ葉のカロテンやビタミンCが肌荒れ予防に働きます。

●材料(2人分)
ウナギの蒲焼 50g
落花生 10粒
しょうが 1/2片
おから 50g
三つ葉 4本
A 酢 大さじ1
  砂糖 大さじ1/2
  塩 少々
  水 大さじ4

——————————————————————————–

●作り方
① ウナギは5mm幅に切る。
② 落花生は皮をむき、粗く刻む。
③ しょうがは皮をこそげ、みじん切りにする。
④ 三つ葉は熱湯でさっとゆで、水気を絞り、1cm幅に切る。
⑤ 厚手の鍋におからを入れ、弱火でかき混ぜながら軽く煎り、Aとしょうがを加え、さらによく煎る。
⑥ ⑤にウナギ、落花生を入れて軽く煎り、火を止めて三つ葉を加え混ぜ合わせる。

レシピ
さといもと鮭のハンバーグ

さといもと鮭のハンバーグ

コンドロイチンとオメガ3脂肪酸で痛みを緩和する
さといもに含まれるコンドロイチンと鮭に含まれるオメガ3脂肪酸は、関節液の減少を抑えて関節痛の痛みを緩和する食べ合わせです。オメガ3脂肪酸の酸化を予防するために抗酸化力の高いオリーブ油をプラスします。さといものヌメリのガラクタンやムチンには、脳細胞の働きを高め、胃腸の働きを強化する働きがあるので、ヌメリは落とさないで調理しましょう。

●材料(2人分)
さといも 150g
鮭(切り身) 1切れ
塩、こしょう、小麦粉 各適量
オリーブ油 大さじ2
A 白ごま 大さじ1
  味噌 大さじ1
  砂糖 小さじ1
  だし汁 大さじ3
付け合せ(水菜・キャベツなどのサラダ)

 ——————————————————————————–

●作り方
① さといもはよく洗い、やわらかく茹で、皮をむきつぶす。
② 鮭は焼き、骨と皮を取り、身をほぐす。
③ ボウルにさといもと鮭を入れ、よく混ぜ合わせ塩・こしょうを振り、2等分にし、それぞれ小判型に形を整える。
④ フライパンにオリーブ油を熱し、小麦粉をまぶした③を中火で焼く。
⑤ 器にAを入れよく混ぜ合わせ、タレを作る。
⑥ 器にハンバーグを盛り、ごま味噌だれをかけ、サラダを添える。

レシピ
りんごとクリームコーンのスープ

りんごとクリームコーンのスープ

食欲不振や病後におススメ
りんごととうもろこしは、胃腸を強化して便秘を解消する食べ合わせです。豊富な食物繊維が血中コレステロールを低下させ、腸内環境を整えます。りんごはすりおろすと消化が高まるので、食欲のない時や病後におススメです。

●材料(2人分)
りんご 1/2個
クリームコーン 190g
レモン(輪切り) 1枚

——————————————————————————–

●作り方
① りんごは芯を取り、皮ごとすりおろす。
② 鍋にりんご、レモンの輪切り、水50CCを入れ、弱火で3~4分煮る。
③ ②にクリームコーンを加え、ひと煮立ちさせ、塩で味を調える。

レシピ
りんご・チーズ・鶏ササミの海苔巻き

りんご・チーズ・鶏ササミの海苔巻き

バランスのよい栄養素が、美肌を作る
りんごのカリウムや食物繊維に、炭水化物、たんぱく質、脂質の三大栄養素がプラスされた栄養バランスのよい食べ合わせです。良質なたんぱく質に、鶏ササミのビタミンAと海苔のビタミンCが、健康な美肌を作ります。

●材料(海苔巻き2本分)
りんご 1/4個
チーズ(スライスチーズ) 3枚
鶏肉(ササミ肉) 1本
海苔(全型) 2枚
すし飯 軽く茶わん2杯分

——————————————————————————–

●作り方
① りんごは皮と芯を取り、5~6mm角の棒状に切る。
② スライスチーズは半分に切る。
③ 鶏ササミは酒蒸しにし、冷めたら手で細かく割く。
④ 巻きすの上に海苔を乗せてすし飯を敷く。手前にチーズ3枚を乗せ、上にりんごと鶏ササミを乗せ、巻く。
⑤ 食べやすい大きさに切り、器に盛る。

レシピ
しめじとエビのサラダ

しめじとエビのサラダ

脂質異常の予防に働くダイエットメニュー
しめじとエビは、低カロリー食品なのでダイエットに向く食べ合わせです。しめじの食物繊維と、エビのベタインやタウリンは、共にコレステロールを低下させる働きに優れ、脂質異常に有効に働きます。玉ねぎの硫化アリルがコレステロール低下をさらに高め、青じその抗酸化力が食中毒予防に働きます。

●材料(2人分)
しめじ 120g
エビ 5匹(50g)
玉ねぎ 1/4個
青じそ 3枚
A しょうゆ 大さじ1
  ごま油、酢 各小さじ1
  砂糖 少々

——————————————————————————–

●作り方
① しめじは石づきを取り、小房に分け、熱湯でさっとゆで水気をきる。
②エビは熱湯にさっと通し、殻をむき、背に包丁を入れて半分に切る。
③ 玉ねぎは薄切りにし、水に放し、水気をきる。
④ 青じそは細切りにする。
⑤ ボウルにしめじ、エビ、玉ねぎ、青じそを入れ、Aを加えて混ぜ合わせる。

レシピ
りんごとキムチの卵とじ

りんごとキムチの卵とじ

抗がん抑制の最強メニュー
りんごとキムチは、りんごの皮に含まれる抗がん成分と、キムチの抗酸化力の働きで、がん発生が抑制され細胞の酸化が予防される食べ合わせです。りんごのペクチンとキムチの乳酸菌の働きで、腸内の善玉菌が繁殖し、大腸がんや便秘の予防に有効です。卵の栄養価がプラスされ、免疫力や体力強化にも優れています。

●材料(1人分)
りんご 1/2個
キムチ 35g
卵 1個
A だし汁 100CC
  しょうゆ 小さじ2
 酒、砂糖 各小さじ1

——————————————————————————–

●作り方
① りんごは芯を取り、半分に切り、5mm厚さに切る。
② キムチは食べやすい大きさに切る。
③ 鍋にA、りんご、キムチを入れ、中火で煮る。
④ りんごがやわらかくなったら、よく溶いた卵液を回しかけ、1~2分煮たら火を止めふたをして蒸らす。
⑤ 器に盛り、汁を張る。

レシピ
揚げかぼちゃの甘辛和え

揚げかぼちゃの甘辛和え

肌や粘膜の潤いが強化され、乾燥肌を予防する
かぼちゃとさつまいもは肺がん予防野菜のベストスリーに入る緑黄色野菜です。豊富なβ‐カロテンが肌や粘膜を潤して新陳代謝を促し、乾燥肌の予防に働きます。黒ごまの良質な脂質やビタミンB群・ビタミンEが肌のかさつきを防ぎ、β‐カロテンの吸収率アップに働きます。

●材料(2人分)
かぼちゃ 180g
さつまいも 80g
A 砂糖 大さじ1と1/2
  酒 大さじ1/2
  しょうゆ 小さじ1
くるみ、黒ごま 各適量
ごま油 適量

——————————————————————————–

●作り方
① かぼちゃとさつまいもは一口大に切る。
② 熱したごま油でかぼちゃとさつまいもを素揚げする。
③ くるみは粗く刻み、黒ごまは粗く擂る。
④ 鍋にAを入れて煮立て、かぼちゃとさつまいもを入れて味をからめ、くるみと黒ごまを和える。