Archive for 7月, 2015

1985 年(昭和60年)、「はち=8」「みつ=3」の語呂合わせから、日本養蜂はちみつ協会と全日本はちみつ協同組合が記念日として制定しました。この日以外に、3月8日が「みつ=3」「ばち=8」の語呂合わせで、ミツバチの日に制定されています。はちみつは蜜蜂が花から集めた蜜で、古来より不老長寿の食品として知られています。

鶏ササミのレモンハチミツソース

2013 03 08鶏ササミのレモンはちみつソース

はちみつはミツバチが花から集めた蜜のことで、主成分は単糖類の糖分です。単糖類のためビタミンB群の助けがなくてもエネルギー源となるため、疲れを取る即効力に優れ、レモンのクエン酸がプラスされることでさらに即効性が高まります。消化がよく良質のたんぱく質と脂質を持つ鶏肉と食べ合わせると、肌荒れが予防され美肌効果が高まります。

所要時間:25分(鶏ササミ肉を漬ける時間は除く)

<材料>(2人分)
鶏ササミ肉……200g
A  はちみつ…1/8カップ
レモン汁…1/8カップ
すりおろしたレモンの皮…小さじ1/2
つぶしたローズマリー…小さじ1/2
オリーブ油…小さじ1
塩…小さじ1/4
付け合せ(にんじんのワイン煮、ブロッコリースプラウト)
<作り方>
①鶏ササミ肉に塩・こしょうを振る。
②ボウルにAを入れてよく混ぜ、鶏ササミ肉を漬け込む(約1時間)。
③フライパンに油少々を熱し、鶏ササミ肉を入れ、中火で焼く。
④焼き目がついたら裏返し、②の漬け汁を半量入れ、フタをして弱火で焦がさないように蒸し煮にする。
⑤鶏ササミ肉に火が通ったら取り出し、器に盛る。
⑥⑤のフライパンに残りの漬け汁を入れ、弱火で煮詰め、ソースを作る。
⑦鶏ササミ肉にソースをかける。