アーカイブ

脳梗塞や心筋梗塞を予防する

朝、起き抜けにコップ1杯の水を飲んでいますか?喉が渇いていないけど、どうして?
理由は寝ている間に約200㎜l(コップ1杯分)の水分が汗として失われているからです。体から水分が失われると、血漿(血液の半分以上を占める液体成分)が血液中の水分補給に回ります。その結果、サラサラ流れていた血液は水分を失って粘りを帯び、かたまりやすくなって脳梗塞や心筋梗塞を引き起こしやすくなります。この連鎖を断ち切るのは失われた分の水分補給。死にも直結する病気予防がコップ1杯の水で回避することができるのですから、起き抜けの水が「薬」と評価されても当然ですよね。
水分補給は、日中も大切です。人間は約60%の水分と40%の各種成分で構成され、1日に約2ℓもの水分を尿や汗などで体外に排出しています。だから同量の水分を補給するのは必然不可欠。補給する水分の半分は野菜や果物などから、残りを飲み水から補給しているので、水分を摂る事は大切なのです。
だからといって水の飲み過ぎは要注意。「水分を控えると病気にならない」ということわざがあるように、水分の摂り過ぎは体を冷やす原因になります。過剰な水分摂取や冬に夏野菜を食べるなどの食生活で、日本人の平均体温(36.3~36.5℃)は下がり気味です。体温が1℃下がると白血球の働きが約30%低下するといわれ、体温の低下は免疫力を下げてがん細胞を増殖させる原因にもなりやすいのです。片手にペットボトルが昨今のスタイルのようになっていますが、水分の摂り過ぎにはくれぐれも気をつけて欲しいですね。
賢い水の摂り方は1~2時間おきにコップ1杯程度。体が一度に摂り込める水分は200㎜l位といわれており、それ以上の水分摂取は逆にむくみなどの原因にもなりかねません。
水と一口にいっても、純粋なH2Oもあれば、ミネラル含有の水もあります。もちろん体にいいのは天然のミネラル水。古くから、ミネラル豊富な雪解け水の発生する地域では、微生物の成長が活発で、生息する動物は成長が早く病気にならないといわれています。毎年10%の伸びを見せているミネラル水ですが、定義は国により若干異なりますが、「ミネラルが溶け込んだ地下水を原水とする」という点では一致しています。

                              沢木みずほ(『週刊金曜日』より)