レシピ
せりと鴨の冶部煮風

せりと鴨の冶部煮風

丈夫な皮膚を作り、生活習慣病を予防する
冶部煮は鴨肉を使った石川県金沢市の郷土料理です。脂質が豊富なかも肉はビタミンB2含有も豊富で、体内の過酸化脂質の生成を妨げて生活習慣病の予防に働き、せりのカロテンはにんじんと一緒に取ることで、皮膚や粘膜が強化され、視力低下に働きます。味噌はその発酵熟成過程で大豆には含まれないビタミン類を生成し、新陳代謝を促進します。

食材 (2人分)
せり 80g
鴨肉 150g
にんじん 1/3本
だし汁 3カップ
味噌 50g
A しょうゆ 大さじ1
 みりん 大さじ1

作り方
① 鴨肉は8~10のそぎ切りにし、小麦粉(分量外)をまぶして、Aで2~3分煮る。
② せりは熱湯でさっと湯がき、水に放してから水気を絞り、3cm長さに切る。
③ にんじんは5mm厚さの輪切りにする。
④ 鍋にだし汁とにんじんを入れ5~6分煮たら、①、②を入れて2~3分煮る。
⑤ ④に味噌を溶かし入れる。

One Response to “2011年2月18日 せりと鴨の冶部煮風”