レシピ
2013 11 29干しエビの茶巾揚げ

干しエビの茶巾揚げ

新しい軟骨生成が促進される
干しエビとしいたけは新しい軟骨生成を促進するグルコサミンを含んでいる食材です。干しエビには良質な不飽和脂肪酸が含まれており、くるみのビタミンEをプラスすることで脂質の酸化が予防され、関節炎の痛み緩和に働きます。

材料食材 (2人分)
干しエビ 大さじ2(10g)
青ねぎ 5g
しいたけ 1枚
くるみ 6g
春巻きの皮(小型) 2枚
揚げ油 適量
パセリ、酢醤油 各適量

作り方
① 干しエビはヒタヒタの湯に約15~20分浸けて戻し、粗く刻む。
② 青ねぎは粗く刻む。
③ しいたけは石づきと軸を取り、みじん切りにする。
④ くるみは粗いみじん切りにする。
⑤ 春巻きの皮を4つに切り、干しエビ、青ねぎ、しいたけ、くるみを乗せ、茶巾包みにする。口は水溶き小麦粉をつけてしっかり閉じる。
⑥ フライパンに揚げ油を熱し、⑤を色よく揚げる。
⑦ 器に盛り、パセリを飾り、酢醤油を添える。