レシピ
2013 12 09アジとじゃがいものはさみ揚げ

アジとじゃがいものはさみ揚げ

心筋予防に働く
アジとじゃがいもは、アジに多く含まれるEPAが血小板凝集を抑制して血液をサラサラにし、じゃがいものカリウムが余分なナトリウムを排出してバランスを保つため、血栓予防が期待できる食べ合わせです。ねぎをプラスすることで、血小板の凝集抑制作用がさらに高まり、心筋梗塞予防効果がさらに高まります。

材料食材 (2人分)
アジ 1尾(160g)
じゃがいも(大) 1個(150g)
ねぎ 8g
付け合せ 大根おろし、青じそ、酢じょうゆ
A
しょうが汁 少々
酒 小さじ1/4
B
卵液 1/2個分
水 卵液と合わせて1/3カップになる量
小麦粉 1/3カップ
塩 少々

作り方
① じゃがいもは皮をむき、3ミリ位の厚さの輪切りにし、水に放して水気を拭き取る。※2枚で1組として使うので偶数枚数を作る。
② アジは両面をこんがり焼き、骨を取り除き、身をほぐす。
③ ねぎはみじん切りにする。
④ ボウルにアジ、ねぎ、Aを入れてよく練り混ぜる。
⑤ 輪切りのじゃがいもは2枚で1組にし、真中に④を乗せ、ギュッと押さえてサンドにする。
⑥ ボウルにBを入れ、さっくり混ぜ、衣を作る。
⑦ 揚げ油を170℃に熱し、⑤に衣をつけ、揚げる。

⑧ 器に盛り、青じそと大根おろし、酢じょうゆを添える。