お知らせ 

10月の薬食料理教室「桑の実」

 

◎10月のテーマは「認知症予防」 ※開催日:10月10日(日)~31日(日)

認知症の中で約70%近くを占めるアルツハイマーは、通常、40代、50代頃にその芽が育ち始めていると言われています。潜伏期間は10~25年。その間ほとんど自覚障害がないため、本人のみならず周囲の人もまったく気づきません。遺伝することも知られていますが、99%は孤発性、遺伝とは無関係に発症すると言われています。原因としては脳のゴミと呼ばれるアミロイドβとタウと言う2つの異常たんぱく質の蓄積と解明されています。アミロイドβを増やすトランス脂肪酸や飽和脂肪酸などの過剰摂取を避け、血糖値の上がりにくい食品を選び、リーキーガット症候群の予防に努めましょう。

◆料理教室(料理を作ります)
4人以上で、ご希望日の2日前までにお申し込みください。
●場所   
薬食料理教室「桑の実」 茨城県久慈郡大子町外大野421
●時間   11:00~15:00
●費用   3000円(材料費、資料代、桑の実ランチ、コーヒー)
★メールアドレス:3ju3i7@bma.biglobe.ne.jp

 

◆料理教室ランチカフェ(料理は作りません)
2人以上で、ご希望日の2日前までにお申し込みください。
●場所   
薬食料理教室「桑の実」 茨城県久慈郡大子町外大野421
●時間   11:00~17:00の間の約2時間 ※コーヒータイムに資料をもとにプチ勉強会をします(30分ほど)。
●費用   1500円(桑の実ランチ、コーヒー、資料代つき)
★メールアドレス:3ju3i7@bma.biglobe.ne.jp

<ランチメニュー>

くるみと松の実入りの豆腐かまぼこ、さつまいもパスタ、小豆・鶏ササミ・炒り卵のドレッシング和え、イワシカレーソテーのカレー煮込み、秋ナス・ブロッコリー・銀杏のカレーマリネ、蒸しきのこの梅酢味噌、納豆の塩麴和え、ざっつえ、酢黒豆、雑穀ごはん、味噌汁、香の物(糠漬け)、豆乳プリン、季節のお茶、コーヒー、茶菓 ※ランチメニューは一部変更する場合もありますので、ご了承ください。

認知症予防メニュー