お知らせ 

8月の薬食料理教室「桑の実」

 

◎8月のテーマは「脳梗塞予防」 ※開催日:8月10日(火)~31日(火)

脳梗塞は脳卒中のひとつで、もっとも患者数が多いといわれている病気です。脳の血管がつまることで脳に栄養が運ばれなくなった結果、脳の組織が壊死してしまう病気で、脳が壊死した部分が司っていた機能に応じた症状が現れます。たとえば、運動機能を司っている場所が障害を受けると、手足の麻痺が現れることがあります。国立循環器病センターの調査では、脳梗塞は6~8月の夏に多く発症することが報告されており、理由のひとつといして夏は大量の汗をかくため脱水状態になりやすいことが挙げられています。青魚に多いEPAやDHA、ナットウキナーゼ、タウリン、食物繊維などをしっかり取りましょう。

◆料理教室(料理を作ります)
4人以上で、ご希望日の2日前までにお申し込みください。
●場所   
薬食料理教室「桑の実」 茨城県久慈郡大子町外大野421
●時間   11:00~15:00
●費用   3000円(材料費、資料代、桑の実ランチ、コーヒー)
★メールアドレス:3ju3i7@bma.biglobe.ne.jp

 

◆料理教室ランチカフェ(料理は作りません)
2人以上で、ご希望日の2日前までにお申し込みください。
●場所   
薬食料理教室「桑の実」 茨城県久慈郡大子町外大野421
●時間   11:00~17:00の間の約2時間 ※コーヒータイムに資料をもとにプチ勉強会をします(30分ほど)。
●費用   1500円(桑の実ランチ、コーヒー、資料代つき)
★メールアドレス:3ju3i7@bma.biglobe.ne.jp

<ランチメニュー>アジとじゃがいものオリーブトマト煮、サバのピカタ、イカといんげんのマリネ、蒸し鮭とひじきの味噌マリネ、ところてんとパプリカの梅肉ソース和え、トマトとシラスの緑酢和え、納豆の塩麴和え、ざっつえ、きゅうり汁の寒天デザート、雑穀ごはん、味噌汁、香の物(糠漬け)、季節のお茶、コーヒー、茶菓 ※ランチメニューは一部変更する場合もありますので、ご了承ください。

 

DSC_0578